カート
ユーザー
絞り込む
ONLINE STORE - オンラインストア -
INDEX
  • ホーム
  • アートの制作技法について


アーティストは、自身の想いを表現する際に様々な方法を用いてアートを制作しています。
本ページでは、&Collection ONLINE STOREにて取り扱いのあるアーティストの技法をご紹介いたします。
 
■ステンシル技法(Aerol)について


手作業で細かく切り抜いた型紙の上からスプレーなどで塗料を吹きかけて絵や文字を生み出す、アート制作における技法の一つで、イギリス出身の覆面アーティスト「Banksy/バンクシー」が使用していることで知られています。
色やデザインごとに型紙を用意し、何層も塗料を重ねて影や細かいラインを描くことで立体的に見せることも可能。型紙とスプレーを駆使し、複雑で緻密なデザインを表現することができる。 スプレーによって着色された原画ならではの鮮やかさが魅力です。


[取り扱いアーティスト]
Campbell La Pun / キャンベル・ラ・パン (原画)
 
■ミックスメディアアートについて


性質や種類の異なる2種類以上の素材・技法の組み合わせにより制作されたアート。
20世紀初頭にピカソとブラックによって創始された新たな絵画様式「キュビズム」絵画が、最初のミックスメディアアートともされており、1970年代から美術の世界で多用され始めました。
アーティストが一つ一つ作り上げており、希少性が高い原画としてコレクターだけでなく、多くの人々に注目されています。
当店では、ファッションブランドのBOXに刺繍を施す「Stephen Wilson/ステファン・ウィルソン」、あらゆる素材を組み合わせてコラージュ作品を生み出す「Robert Mars/ロバート・マーズ」など、アーティストによって制作方法は様々です。


[取り扱いアーティスト]
Stephen Wilson / ステファン・ウィルソン
Robert Mars / ロバート・マーズ
Craig Alan / クレイグ・アラン (原画)
Victoriano / ヴィクトリアーノ